プロテインパウダー以外の食品でたんぱく質を補おうと思っている方へ向けた記事を書こう。

 

肉や魚、豆腐、乳製品などのいくつかの種類があるたんぱく質は、それぞれの食材によって消化吸収する早さが異なる。

たんぱく質の中で消化吸収する時間が早いのは卵や白身魚などで約2時間程度。

特に白身魚ではタラやカレイなどが消化や吸収が早い。

卵も半熟は生や固ゆでで食べるよりも吸収する時間が早い。

 

肉や魚、豆、乳製品などのたんぱく質は消化吸収には4~6時間必要。

殆どのたんぱく質はこの時間に当てはまるが、肉などに脂がのっているとより吸収速度は遅くなる。

 

豚肉であればバラ肉よりもヒレ肉を食べるほうが消化速度が速くなる。

肉バラ肉など脂の多い肉類を食べた時のたんぱく質の消化吸収は8~9時間は必要になるため、年齢を重ねて消化する機能が衰えると脂っぽい肉などを食べると胃にもたれるのは消化吸収に時間がかかるためだ。

 

たんぱく質はそれぞれの食材によって消化や吸収する早さが異なるが、食べ合わせてによっても吸収速度は異なるのだ。

食物繊維が豊富な食材などの食べ物と一緒に摂ることでたんぱく質を単体で食べるよりも消化吸収にかかるスピードがよりかかることになる。

脂ののっている肉類と一緒にキノコなどの食物繊維を一緒に食べることで吸収は遅くなる。

また、食べる量によってもたんぱく質の消化や吸収は異なり、多く食べると消化や吸収が遅くなるため、脂ののっている肉などを食べる際には少量を食べることで消化や吸収がスムーズになる。

 

タンパク質の消化吸収には4~6時間かかるのが平均的だが、食材によって早く吸収されるものもある。

タンパク質の吸収が早い食材を食べると消化することも早くなり、脂肪はつきにくくなるため、ダイエットをする場合などは、脂の少ない皮なしの鶏肉や白身魚を食べるようにするとより効果的にダイエットすることが期待できる。

また、食事はタンパク質だけを摂ることはなく、栄養バランスのとれた食事をすることが健康や美容にも大切なことなので、他の栄養素を摂るためにも早い果物、野菜、炭水化物など消化の早いものから食べると良い。

 

たんぱく質の摂取はついついプロテインパウダーに頼ってしまいがちだが理想としては朝昼晩の食事以外でたんぱく質を摂取する際に飲むだけにとどめておきたいものだ。

やはり、朝昼晩の食事はプロテインパウダーからでは無く、しっかりと食材からのタンパク質を摂取したい。