本日はトレーニーにとっては必ずと言って良い程知っておくべき知識を紹介しよう。

それがアナボリックとカタボリックという概念である。

 

ご存知だろうか?

 

簡単に言えば、筋トレが終わった後に栄養を補給してたんぱく質が身体に供給されている状態がアナボリック(同化)

逆に、筋肉を使用している際に筋肉からタンパク質を分解している状態がカタボリック(異化)である。

 

つまり、筋肉が成長している状態をアナボリック

退化している状態をカタボリックと覚えておくと良いだろう。

 

更に覚えやすいゴロを紹介しよう。

アナボリックの事を穴掘君、カタボリックの事を片堀君と呼んでしまえば良い。

 

筋トレした後、しっかりとたんぱく質を摂っていれば穴堀君になるし、摂ってない、或いは不十分な場合には片堀君になってしまう。

また、栄養状態だけでは無く、ホルモンの状態にも左右される。

アナボリックになりやすい人は男性ホルモンのテストステロンが多く分泌されており、カタボリックになりやすい人はストレスホルモンのコルチゾールが多く分泌されているのだ。

よって、筋トレの成果を十二分に上げたいのであればテストステロンを分泌させた状態で筋トレをした後にタンパク質を摂取するのがベストである。

逆に、筋トレの効果をマイナスにしたいのであれば筋トレがストレスになるぐらい思いっきりやる気を無くして筋トレをしたあとにたんぱく質を摂らなければ良いだけの話。とは言ってもトレーニーの中にわざわざ筋肉を減らしたいというバカはどこにもおらんのだがな^^

 

あくまでも効率的にマッチョになりたい場合は上記の方法で筋トレをすると良い。

 

因みにこれも知っておこう。

お腹が空いている状態の時は絶対にカタボリックであるという事だ。

たんぱく質が不足すると筋肉に栄養が送れないため、現在筋肉に存在している栄養分からそれを肩代わりする形になるというわけだ。

 

ボディービルダーやフィジークの選手たちは皆、試合前には極力空腹の時間を減らし、常に栄養補給をしているのである。

それは空腹によるカタボリックを避ける為なのだ。

 

食事からのタンパク質は勿論、プロテインやBCAA、その他のサプリメントなどで栄養素を多く摂る事により片堀君になるのを予防して穴堀君を目指そうではないか!