ダイエットを成功させるためには、体脂肪のみを削るだけでは足りず、身体の筋肉量を増やして基礎代謝を上げる事がとても大切である。

そこで、筋肉量を増やすためには筋トレが重要なのは誰もが知っていることだろう。

効率良く全身の筋肉を鍛え、脂肪の燃焼を高める事ができることで多くの人が取り入れているのがサーキットトレーニングだ。

サーキットトレーニングとは何か?

なになに?鈴鹿サーキットにでも行って何のトレーニングを行うんだ?

もしや、車が必要なのか?などと疑問に思ってしまうが、そうではない。

サーキットトレーニング

意味を簡単に解説すると、休憩を挟まずに数種類のトレーニングを繰り返し行う運動法だ。

基礎代謝を高める無酸素運動と、脂肪を燃焼させる有酸素運動を交互に行う事によって、短時間で高い効果を出す事ができるのだ。

 

例えば、ジャンプして両手を上げ両足を広げるジャンピングジャック、腕立て伏せ、モモ上げ、腹筋など、いくつかのトレーニングを組み合わせて行う。

1つのトレーニングは30秒ほどで、最低でも2セットは行う必要がある。

有酸素運動は20分以上で脂肪が燃焼しやすくなると言われているのでトータルで20分を超えるのが理想的。

 

サーキットトレーニングのメリットは、同じトレーニングばかり行わないので飽きにくいという点。

また、全身の筋肉にアプローチできるという点だ。

頻度はどのぐらいで行うのが丁度良い?

初めての場合、どれくらいの頻度でサーキットトレーニングを行えばいいのかわからない人も多いだろう。

筋肉は回復した後に強くなる(超回復する)と考えられてるので、間1日は空けて行うのが効果的である。

初心者の場合には筋肉痛なども起こりやすい為、身体が慣れるまで2日あけるなど、自分の身体と相談する事が大切である。

一日目は胸と肩や背中の筋トレ種目を行うとして、超回復に要する時間は2~3日なので次の日は腹や脚、お尻を鍛えるといった具合に通常の筋トレとあまり変わらないローテーションを組もう。

これは嬉しい!ダイエット効果抜群

サーキットトレーニングは、脂肪燃焼と基礎代謝を高める事ができるので、ダイエット効果がとても高いトレーニング方法なのだ。

身体に筋肉がつくと引き締まった美しい身体を作る事ができるのは男女とも共通している。

また、冷えの改善や、太りにくくなるなどの効果もあるので美しく健康でありたい者にとってサーキットトレーニングは効果的なのである。

始めは1つのトレーニングの後30秒ほどインターバルを取るなど休憩し、無理のない程度に行っていこう。

長く続ける事がダイエットの成功につながるからである。

サーキットトレーニングまとめ

如何だっただろうか?

つい飽きてしまいがちな単調なトレーニングメニューとは真逆のサーキットトレーニング

それは多様性に満ちた筋トレを行う上で最良の選択である。

飽きっぽいトレーニーには是非とも実践していただきたいトレーニング手法の一つだ。