ザバスのソイプロテインと言えばこれだろう。

ホエイプロテインのほうはAmazonで一番売れてたりして非常にポピュラーなのだがソイプロテインも負けていない。

ザバスソイプロテイン100ココア味

パッケージのボディーカラーはホエイとは正反対だというのが分かる。

大変人気の高いプロテインのためかレビューするにも今更感があるのだが購入したら感想を書かずにはいられないのでレビューすることにした。

ザバスソイプロテイン100ココア味のレビュー

開けてみるときな粉のような良いにおいがする。

まあ、大豆を使っているから当然と言えば当然だろう。

ザバスプロテイン ソイ

同じココア味と言えどやはり乳由来のホエイプロテインとは違ったにおいである。

すりきり3杯で一食分。

ザバスソイプロテインココア味の口コミや評判

天然水が200mlの入ったシェイカーにボーン!って入れた。

水の量は200~300mlの中で好きな量を推奨している。

前回同メーカーのホエイプロテインココア味をレビューした際は250mlの水を入れて飲んで薄く感じたので200mlの水を入れて飲むことにした。

ソイプロテイン100

パウダーを3杯入れ、上下に振りまくって完成。

ザバスプロテインは若干ダマになりやすいからしっかりと振らなければならない。

ザバスの大豆プロテイン

泡立ちの少ない点は口コミでだいぶ好評のようだ。

ダイエット時のプロテインに最適

写真では泡立ってはいるがすぐに消えた。

zavasソイプロテイン

さて飲んでみよう。

飲んだ感想

メーカー、味共に同じだがホエイプロテインとは違い、食感というか飲み心地が異なる。

なんていうか、こっちの方が粉っぽいというのか?

個人的にはソイプロテインの方がきな粉オレみたいで美味しいと感じるのだが粉っぽいという点が気になると好き嫌いが分かれそうな気がする。

 

ホエイの方は水で飲むと味が薄かったのだがこちらはそんな事無い。

水の量250mlで飲んでみてもソイプロテインの方はしっかりと甘く、大豆のクセが良い方向に生かされている。

よって水でも十分に美味しく飲むことが可能である。

 

だがメーカーが明治なのでどちらかと言ったら牛乳で割るタイプのプロテインだと思う。

牛乳で割ってみるとかなり美味しく感じる。それはまるできな粉オレみたいな味だった。

なので水よりも牛乳で飲む派の方におすすめしたい。

勿論、水で飲んでも全然美味しい事には変わりない。

たんぱく質や成分などについて

ザバスのソイプロテインココア味のレビュー

ザバスホエイプロテイン100と同じくこちらのタンパク質含有量も一食あたり15gである。

たまに良くホエイとソイならどちらを飲むべき?という質問を受けるが筋肉を鍛えるならホエイで身体を絞るならソイがおすすめである。その理由は吸収時間の違いにある。

ホエイプロテインが1~2時間で消化吸収され、ソイは5~6時間かかる。

つまり、ホエイは筋トレ後のゴールデンタイムに素早くタンパク質を補給するのに効果的なのである。

よって筋トレで傷ついた筋肉をいち早く修復するに際はホエイプロテインを飲むのがベスト。

ソイプロテインの役割は?

ジョギングなどの有酸素運動トレーニングの場合は筋肥大が目的では無いので特段ゴールデンタイムの摂取にこだわる必要は無く、吸収時間の長めのソイプロテインでOKだ。

吸収時間が長いという事は間食時や就寝時にも適していると言える。

 

ダイエッターならご存知かもしれないが間食を摂らず昼食と夕食の間が空きすぎると夕食を摂取した際に血糖値が上がりやすくなってしまう。これを防ぐ為にも間食としてのソイプロテインは有効なのである。

また、たんぱく質は筋肉の原料なので不足すると痩せにくい身体になってしまうためダイエット中はタンパク質も取らなければならない。しかしホエイよりも脂質が低いのでこうしたダイエットの際に飲むプロテインとしてもソイプロテインはおすすめ。

口コミや評判などについて

などと、味を絶賛する声が多数見受けられた。

ザバスソイプロテイン100ココア味・1kgの通販はこちら

Amazonでの最安値:ザバス ソイプロテイン100 ココア味【50食分】 1,050g

楽天での最安値:ザバスソイプロテイン100 ココア 1050g(50食分)

 

更にダイエットを目的とするのならガルニシア抽出エキス入りのザバスウェイトダウンヨーグルト風味もオススメ
(ガルニシアは摂りすぎると糖分の低下を招く場合があるので1日に決められた量を飲む人におすすめ