筋トレ初心者の中でたまに居るのだが全くウェイトトレーニングをした経験も無いにも関わらず最初からとても重いウェイトで筋トレをしたがる輩が居る。

これは筋肉肥大という観点から見ればあながち間違ってはいないが怪我の予防という観点から見れば極めて危ない事だと言えるだろう。

そこで筋トレ初心者の方に留意してほしい事はウェイトは徐々に重くしてゆこうという事である。

そのほうが効率良く筋肥大を起こせるし、将来、持てるウェイトが重くなってきた時にも伸び悩む事を遅らせる事ができるだろう。

トレーニーなら知っておくべき!漸進性の原理とは?

よく、筋トレのお話で欠かす事のできない原理が存在する。

それは漸進性の原則である。

意味は少しづづ進んでいくという意味で筋力トレーニングもこの斬新性を意識しながらやっていくと良いのである。

例えば1kgのダンベルに慣れたら2kg、それが慣れたら3kgと、徐々にウェイトの重さをアップしていく事がトレーニングの漸進性の原則に従ったトレーニング方法と言えよう。

 

1kgに慣れたにも関わらず相変わらず1kgしかやっていないのは漸進性の原理に背いているのでダメ。これだと筋肥大は進まない。

また、1kgに慣れたからといって5kgと、中間をすっ飛ばして重いウェイトに進んでいくのも漸進性の原理に背いているのでこれまたダメなのだ。

今後、トレーニングの世界に足を踏み入れるのであればこの原則はしっかりと覚えておくべきである。以上