驚く事に筋力トレーニングをするとハゲになる。

という事を信じている人が未だに多いようだ。

これはちょっと前に流行ったデマだから信じないように。

 

ロジックとしてはこうだ

筋トレをすると男性ホルモンの分泌が活性化される。

その結果、ハゲる。

 

確かに筋トレをすると男性ホルモンが分泌されるのは間違い無いし、男性ホルモンの分泌が多い人は薄毛になりやすいという科学的根拠がある。

しかし実は筋トレをする事で分泌される男性ホルモンはテストステロンという善玉の男性ホルモンであって、決してハゲを促進させる悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)は分泌しないので安心して頂きたい。

 

つまり、筋トレ=ハゲるを信じている人たちは2種類の男性ホルモンの効果を一緒くたに捉えてしまった結果の間違えだったのである。

 

上述したように筋トレには善玉の男性ホルモンであるテストステロンの分泌を促すのでどんどんやってもらいたい。

また、驚くなかれテストステロンの分泌量が多くなればなるほど悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストステロンの分泌は抑えられる。

テストステロンとジヒドロテストステロンは拮抗関係にあるからだ。

 

つまり、筋トレをする事でハゲからは遠ざかる事になるという訳である。

 

 

なので薄毛の心配がある人こそ筋トレをしてハゲを防止するように心がけたいものだ。