近年流行のHMBサプリメントをご存知だろうか?

ロイシンの代謝物質であるHMBをサプリにしたものだ。

どうやら2016年あたりからアスリートやトレーニーを中心としてブームを巻き起こしているようである。

 

これを飲めばプロテインは飲まなくても良いと主張する者が散見された。

プロテイン不要論とでも言おう

果たしてこの主張は本当なのか?

答えは否である。

つまり、プロテイン不要論は間違いっているのだ。

 

HMBはあくまでもロイシンの代謝物質であってたんぱく質では無い。

よって筋トレで損傷した筋線維を回復するたんぱく質の役割に取って代わる事は出来ない。

筋肉が欲しいのあればプロテインとHMBサプリメントの同時摂取が基本なのである。

 

どういう事がと言うと

たんぱく質が筋肥大の為に必要なギアだとすれば

HMBはそれを円滑にするグリスだと考えてもらえれば分かりやすいと思う。

 

たんぱく質摂取による筋肥大を加速させ、アナボリックを促し、カタボリックを防ぐと言えばトレーニーには伝わりやすいか?

実際、HMBサプリってどうなの?

かく言う私も既にHMBサプリとやらを試してみた。

まぁ確かに飲まないよりは飲んで筋トレした方が回復も早いし重いウェイトを扱っても疲労しにくく感じる。

お得に購入できるのだが3、4か月の継続が条件ってところが殆ど。

まあそれもそうだろう。

サプリってのは飲んですぐに効果を感じるものでは無いからだ。

ある程度継続していくことで感じられるものなのである。

私はもう5ヶ月程度継続をしている。

勿論身体つきの方は以前よりも断然良くなった。

筋トレに伸び悩みを感じているトレーニーにとってこれほど推奨したいサプリは他に見当たらないぐらいである。

 

ただし値段は決して安くは無く、最低でも月々5000円以上の出費は覚悟しておいた方が良いだろう。

えっ?プロテインよりも高いじゃないのよ!

そうなのだ。

HMBサプリはプロテインよりもちょっと高いのだ。

今、段々とトレーニーに達に対して庶民権を得つつあるHMBだが今後はトレーニーにとってなくてはならないサプリメントとなる事は想像に難くない。

プロテインやBCAA、クレアチンなどは有名な筋肉サプリだろう。

そこにHMBが台頭してきて昨今、筋トレの効率はみるみる向上していく事は間違いない。

ハードな運動をするアスリート、肉体を作り上げるボディーメイカーやトレーニーたちにとってHMBは筋トレの効率を驚くほど上げてくれるサプリメントとして認知されていくことだろう。

まとめ

いかがだっただろうか?

プロテインとHMBサプリメント

どちらも飲もうと思っているという人は是非そうしたほうが良いだろう。

何故なら先にも申し上げた通り筋トレの効率が非常にアップするからである。

HMBを飲んでいればプロテインは飲まなくても大丈夫なんて考えは論外なのだ。

HMB2000mg配合!含有量が業界No.1サプリ